不動産名義変更前に必ず遺言の確認を

では、不動産名義変更の必要が出てきたら、まず確認しなければいけないのが、遺言です。

相続に関しては、遺言がもっとも有効です。

遺言に不動産に関する相続人の指定があれば、その人が相続人となり、不動産名義変更を行うことになります。

その指定された人は、法定相続人の特定の誰かであっても、まったく血縁関係のない他人であっても、問題はありません。

遺言に指定されている場合は、その人がもっとも優先順位が高くなります。

遺言を無視して、遺族の希望だけで財産を扱ってはいけません。

それほど遺言とは効力の持つものなのです。

不動産名義変更に関する協議に入る前に、まずは遺言があるかどうか、遺言に不動産相続人を指定されているかどうかを必ず確認するようにしてください。

第三者が指定されている場合は、速やかに連絡を取るようにしてください。

確認を怠ってしまうと、大変なことになります。