不動産名義変更時に遺言がなければ法定相続人で協議を

遺言がなかったり、遺言があっても不動産相続人が指定されていなければ、法定相続人が相続することになり、協議の上不動産名義変更を行います。

法定相続人について、整理しておきましょう。

常に法定相続人となる人は、被相続人の配偶者です。

正式に婚姻関係にあれば、状況はどうであれ法定相続人になれます。

内縁関係の場合は相続人になることはできません。

配偶者以外の血縁関係者は、相続人となる順番が決められています。

まず、第一順位は「被相続人の子」です。

子が複数人いる場合は、均等分割をします。

被相続人より子が先に亡くなっている場合は、孫が第一順位になります。

第二順位は、「被相続人の父や母の直系尊属」です。

第三順位は、「被相続人の兄弟姉妹」です。

不動産名義変更時には、必ず法定相続人に該当する人と協議を行い、特定の人が不動産名義変更をする場合は、皆の了承が必要になります。