不動産名義変更に必要な書類

不動産名義変更をする相続人が決まれば、不動産名義変更の手続きの開始です。

不動産名義変更にはいくつかの書類が必要です。

ここでは、不動産名義変更に必要な書類についてご説明します。

まずは、被相続人の戸籍謄本です。

不動産名義変更時に必要な戸籍謄本は、被相続人の出生から死亡までのすべてです。

次に、相続人の戸籍謄本です。

不動産名義変更を法定相続人が行う場合は、被相続人との関係を証明できる戸籍謄本が必要になります。

また、相続人の住民票も必要です。

さらに、不動産の評価証明書も必要になります。

これらはすべて居住する市区町村役場や、不動産が所在する市区町村役場で発行してもらえます。

不動産名義変更が決まったら、早めに準備しておきましょう。

自身で準備するものは、家系図です。

相続関係を表すために必要です。

また、法定相続人以外が不動産名義変更を行う際の必要書類は異なるため、注意して下さい。